トレーダー女子の考え事

稼げた方が、幸せだと思うんです。ゆとりによる、ゆとりのための、意識改革。

無駄な努力?アリの法則で言ったらどこにいるのが得なのか。

子供の時にずっと思ってたんです。

学校の掃除の時間って、やらない人のほうが得なんじゃないかと。

 

やらなくても先生が怒るだけで、やらなければ先生の怒鳴り声が聞こえないところまで走っていけます。

やってもとくにメリットはなく、たとえ100円を拾ったとしても学校なので先生に渡すことになります。

 

無駄な努力かと

 とは言っても、学校なのでやる人はやるんです。

というかサボる人のほうが少ないくらいです。

そのときに真面目にやってた人が何を考えてたのかは知りませんがこれを見ると全くその通りです。

 

アリの法則

 

 100匹の働きアリを観察すると、
そのうちの20匹(20%)が良く働き
60匹(60%)が普通に働き
そして残りの20匹(20%)が全く働かない状態になっているそうです。

http://www.entrepreneur-ac.jp/report/bando/ants20121004.html

 私は全く働かないアリだったようです。

たしかクラスの掃除に参加しない割合もこのくらいでした。

 

やっぱり、

とくにアリなんて自分が食べれていればいいというかおそらくアリの世界にお金だったりそれを使う娯楽的なものもないでしょうから全く働かないアリが得するんじゃないかとも思ってしまいます。

 

でも、アリたちは考えてそうしていたわけではなさそうです。

 仮に、働かないアリ20匹をそこから取り除くと、
残った80匹のうち、16匹(20%)が良く働き、
48匹(60%)が普通に働き、
16匹(20%)が全く働かない状態へ再編成され、
常に「2:6:2」の比率になるそうです。

逆に、良く働くアリばかりを集めても、
まもなく数%のアリは遊び出すと言われています。

http://www.entrepreneur-ac.jp/report/bando/ants20121004.html

 

f:id:asukafx:20170423193416j:plain

 

で、この2:6:2の法則は社会にも当てはまるらしい

 

全部を法則で片づけてしまえば、客観的に見てるぶんには納得できるけど自分がそこに参画するならどこに入るかは重要な問題のような気がします。

 

簡単に損得で考えてしまうと、

  1. 固定給の仕事をしているならば怠ける2割
  2. 歩合の仕事なら働く2割

 

じゃ普通の6割はどんなときに得するの??

固定給でなら怠ける2割になれば、時給をもらいながらkindleで本読むとか時給をもらいながらスマホでネットビジネスしちゃうとか、やり方次第で時間を有効活用できます。

 

歩合で働く2割になれば、短時間でマッハで働いて、自分の時間も稼ぐ額も増やせます。

 

普通に働く6割に入るメリットはなかなか見当たりません。

 

そもそも自分で役割を決められるのかと言ったらそれもまた違うし

 

普通に働いてる6割の人は自分ではめちゃめちゃ働く2割だと勘違いしているパターンもあるし、役割は結局環境によって変わってしまうとすると、自分ではどうすることもできないのかもしれない。

 

そして実際に私は困った

 

働く2割のおかげで怠ける2割は生きていられるわけで、自分が働くと怠ける2割を生んでしまう。

でも誰もやらないともっと大変なことになってしまう。

 

私の場合は2割ではなく1:1だったけど、

雑務レベルのやりたくもないことは自営業のつきものですが、

働く方になってみて、

最初は感じ悪いと思ってたけど

今では自分でできるって気付けたし、

もし手放しても、もっと良くやり直せる気がしてます。

 

人がやりたがらないことを率先してやってみる。

 

これはジェームススキナーが言ってました。

多少なりとも上昇志向があるのならば、まずは損得考える前にやってみたほうがいいということですね。

 

結論、無駄な努力かどうかだけど

 

働く2割はどんどん成長していけるし、怠ける2割も怠けて生きていけるんだからすごいと思うんです。

たとえヒモでもヒモの才能があるということだし、ただ者ではない気がします。

いやヒモの場合はプロのヒモなら働く2割なのかもしれない。

 

そして、働く2割の仲間たちと一緒にマッハで働いていきたい!と思ったら、それと同時に普通の6割と怠ける2割も増やしていくことになる。

 

きっとみんな必要なんだけど。

 

でも私、普通の6割は何がいいのかまだわからない!