お酒で記憶をなくす人ってそれ本当なの?に答える

なんとなく暮らし系

私はたびたびお酒で記憶をなくすことがあります。

たびたび、です。
毎回ではありません。

記憶をなくしたことがなかったころは私も思っていたんですよ、
都合悪いから忘れたって言ってるだけだろ~嘘だろ~と。
というわけで今回は
医学的なことには触れず、ただただ本当に記憶をなくしているときはどんなときなのか。
どんな風に記憶がないのか、
かつての私のように忘れる人ってなんなの?と思っている人、
そしてお酒を飲むと記憶がなくなっちゃって大変な人に私がしていた対策をお伝えできればと思います。

まずは、ごめんなさい

代表して謝っておきます。
きっとこの記事にたどり着いた人は誰かに迷惑をかけられたりしてそれを忘れられてホントかよ!って思っていることと思います。
私の場合は記憶がないときでもそんなに普段の酔っているときと変わるというような変化がない(周りの報告によると)タイプなのであとから怒られることなんかは全然なかったのですがそういう迷惑系の方もいるのはなんとなくわかりますはい。

なくすときと、なくさないときがある

毎回毎回、飲むと記憶をなくすわけではありません。
調子が良ければバッチリ記憶はありますし、悪いときは数時間分の記憶が消えています。
それが、お酒の量や種類とはあまり関係ないんですよね。

そして、記憶をなくしたからといって全部の記憶がないわけではなく
数時間分の記憶がないときでも
あの、昔流行った6秒動画のようにちょいちょい6秒分くらいの情景が頭に保存されているような感覚です。

でも、記憶がないときの共通点ならある

  • お腹がすいていたときに飲み始めた
  • そして食べるものもない
  • しかもこんなに飲みたくないのに飲め飲め言ってくる人に逆らわないとき

だいたいこんな感じです、
簡単に言うと、その日その時の許容量以上に無理して飲んだときです。

しかし、こんなときでも
記憶バッチリなときもあるのでそのときの共通点としては対処法をしっかり、または偶然に、施せていたときです。
これはあとで記すとします。

 

ぶっちゃけ記憶があるのにないふりをしたことがあるか

ありますごめんなさい。

まぁ単純に、二日酔いで説明するのも面倒なときに聞かれたりすると
答えたくないので、記憶はないと答えます。

もしくは、
ちょっと私下品だったかな~とか
なんとなく恥ずかしいな~というときは
もう全然覚えていないというていで日常を再スタートさせます。

 

対処法はあるのか

 

根本的には無理ですよね。
お酒の強い弱いも治療などでなんとかなるものではないので。

ただ、酔わないように気を付けることなら実際にできています。
医学的根拠は知りません。

実際に効果のあった対処法

  • トマトジュースを飲みながら&飲む前に胃に仕込む
  • お酒に弱いふりをする
  • お酒を飲んだふりをする

ということで、トマトジュースが私には一番よく効きます。
これは飲まされるな~という人から誘われたときはまずトマトジュースを流し込んでから参加します。
よって、トマトジュースだけは家に常備してあります。
ちなみにジョーカーという濃いめのやつです。

 

将来の為にサバ缶を食べよう

 

医学的にはよくわかりませんが、飲むと記憶をなくすというのも脳のせいなので
そういう人が飲みすぎると将来ボケやすくなったりするという情報もありました。

なので、すぐにお酒で記憶をなくしてしまう人はお酒をできるだけ控えることも大切ですが
お酒を飲むこともたまには必要なんだ!という人もいるでしょうから
脳にいいと言われているサバ缶をたくさん食べて脳に栄養をあたえておきましょう。
※しかしこれを食べていれば絶対に大丈夫なんてことはありませんからね。

そのまま食べるもよし、レシピもたくさんネット上にはころがっています。
その気があれば飽きずに毎日食べられそうです。

てわけで、

お酒は適度に、
そしてトマトジュースを常備して
サバ缶を習慣にする。

とかが、この場合のできることではないだろうか。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。