ノマドワーカーの考え事

ライティング、ブログ運営、ネット集客、考え事。翼をさずける。



ブログが書けない時にあなたに足りていないもの

時間はあるのにブログが書けない。わざわざブログの為に時間割いてるのにブログが書けない。

という超絶イライラしがちなブログが書けない時。

 

昔はわたしもよくあったのですが、
書けない時のパターンがなんとなくわかってきてからはブログに限らず書けない時がなくなってきました。

逆に言えば、なんでも書けるようになった気さえしますw

というわけで今日は、ライティングばかりやっている私がなかなかしないライティングの話。

 

ブログが書けない時にやったほうがいいこと

 

f:id:asukafx:20180620164809j:plain

 

書けないにしても人それぞれ理由はさまざまではあると思いますが、今日はとりあえずブログを書きたいのに書けない時と仮定して進めます。

 

書きたい理由を思い出す

 

ブログを書いているとブログ自体が手段だったか目的だったかわからなくなってきたりするんですよね。
1記事1記事と丁寧にやっていく人はとくに、そこに力が入る分その記事をどうしたいのか、最終的にどこに繋げていきたいのか、何のために書いているのかを忘れがちです。

そこで、初心に返ってみると何を書けば目的に近づけるのかがわかったりします。

  • ただただ興味のある分野についてまとめたい
  • プロブロガーとしてブログだけで稼ぎたい
  • 自分の本業の集客のため
  • ただブログで有名になりたい
  • なんでもいいから稼ぎたい

などなど最初はなんらかの理由があってブログを始めたんだと思うんですよ。
まずはそこを思い出してみましょう。

そうするとおのずと、テーマにしたいことって湧き上がってくるものなんです。

 

そこで大変なのは

 

一番テーマを決めるのに難航するのは、ただブログで稼ぎたいだけで始めてしまった人。

もちろんブログで稼ぐことは可能だし、全然悪くないですよ。
しかし、テーマとして何を書きたいというのが自分から湧き上がってこない分、機械的に人が集まるテーマを探してそれについて書いていくことになるのでテーマ探しから始まります。

なのでライティングの上手い下手よりもテーマ探しの上手い下手にもかかっているんですね。その場合は、

  1. ある程度興味のある分野に絞る。
  2. そこから人がよく検索するようなテーマを探して書いていく。

という順序で進めていくと効率がいいです。
まぁこの話は詳しくしだしたら誰も読みたくなくなるくらいに長くなるのでブログではここまでにしておいてそのうちどこかでまとめます。

 

単純にインプットが足りていないパターン

 

書きたい内容やテーマなどだいたいの大枠は決まっているのに書くことが見つからない!

そんなときはインプットが足りていないということはないか自分に問うてみてください。
他人より少し詳しいからブログにするとか、興味があるからブログにするとか、本当に素晴らしいことですよね。
誰かが知りたいと思ったときに検索してそのブログにたどり着くことだってあります。そこで求めていた情報があれば大感謝じゃないですか。

 

一通り書いたらもう書くことないし的な

 

たとえば、
「○○のやり方」とか「○○になる方法」とかだったら一通り書いてしまったらもう見つからないような気がするかもしれません。

しかし、そのテーマから広げていけばまだまだあったりするんですよ。

ガーデニングがテーマなら

  • 植物ひとつひとつについて育てるコツをまとめたり
  • お庭のバランスを考えた配置についてだったり
  • 画像とともに、このお庭のいいところや改善点とか

広げていけることはたくさんあるんです。

なのにインプットが足りていないと広げようがないですよね。
書くだけじゃなくてそこに自分が触れていないと衰退していくだけですよね。

 

大きなテーマを常に頭の片隅に置いておこう

 

人間というものは気にしているだけでほしい情報が集まるようにできているのです。
というのは単純に、その単語が耳に入ると気付くとか目に留まるとか、そうなりやすくできているんです。

だから自然に気になったりしないのであれば自分から気にする!

  • 本屋さんに入ったら一応そのジャンルはチェックしてみる。
  • 定期的に検索する。
  • そのテーマのYouTubeチャンネルに登録する。
  • そのジャンルが入ってきやすいツイッターをフォローする。

とか、なんでもいいから情報収集をしてみましょう。

 

逆にアウトプットに慣れていないパターン

 

たくさん頭の中にはあるのに、それを文字にして吐き出すのが苦手な人。
これは勿体ない!非常にもったいないと思うのです。

そんな人のためにこれだけをテーマに小一時間講義したいくらいに勿体ないと思っています。

そんな人がブログが書けない時に悩んでいることはだいたいこんなことではないでしょうか。

  • 書き出しはどうやって始めよう
  • どの順番で書けばいいかな
  • 文章にしたら難しくなりそうだな
  • 長くなりそうだからまた今度にしよう
  • とにかく伝え方がわからない

 

書いてから考えよう

 

悩んでいても始まらないんです。
文章の構成なんて後からいくらでも変えられるのがブログのいいところで、足りないと思う箇所があれば追記すればいいんです。

もっと上手にまとめられると思ったらまとめ方を変えちゃえばいいんです。

この文章じゃわかりにくいなと思ったら直せばいいんです。

 

慣れるだけで書けるようになる

 

ブログというのは不思議なもので、書くのに慣れてくるとなぜかスラスラ書けちゃうんです。

試しに3日連続でなんでもいいので更新してみてください。
3日目のスラスラ感にはびっくりすると思いますよ。

何事にも慣れというのはありますからね。

 

考えすぎ

 

とりあえずブログが書きたいのに書けない時に大体の人は、考えすぎなんじゃないかと思います。

先ほども述べたように、後でどうにでも直せるんですよ。
考えるより書いた方がいいんです。

よく、薄っぺらい記事はSEOにはよくないから内容の薄い記事を毎日書くよりも濃い記事を3日に1記事。のように言われがちですが
薄っぺらい記事も書けない人に濃い記事なんて書けませんからね。

せめて薄っぺらい記事でも書いてから濃く追記していけばいいんです。

 

何が言いたいかっていうとね、まとめちゃうとね、とにかく書きなって。