最近なんだか優しい気持ちになってしまう原因は

なんとなく暮らし系

あけましておめでとうございます。

毎年恒例の元旦ブログ更新をしなかったのは、
ワードプレスにお引越しして孤独感を味わっているからというのもありますが、単純に先月ブログのAMPの設定で嫌気が差して少し距離をおいていたのです。

何が言いたいかというと、距離を置くほど愛しているだけです。倦怠期です。

そんな、「愛している」なんて言葉がさらっと出てくるほどに優しい気持ちです。今。

私としたことが!!
優しい気持ちだなんて仮になったとしても隠しておきたいタイプなのに。

なんかおかしいぞ。
と思っていたのでとくに優しい気持ちになったときを思い出して、それがどういうときなのかを洗い出してみました。

 

まさに今もしている、ある共通点を発見

これだ!!!

貼るお灸を足の裏と足首に貼っていること。

これが温かい、心地いい、なんか安心する。
と気に入って最近ゆっくり家にいるときはだいたい貼るようにしていたんですね。

ホットココアで気持ちが安らぐように、足を温めると優しい気持ちになるのだろうか。
調べてみました。

 

温活というらしい

身体を温めることを温活というらしいですね。
最近はなんにでも活をつければいいみたいですね。

身体はもちろん温めたほうがいいのは知っていましたが心まで温まるとは初耳です。

冷えは健康の大敵ですし、

  • 太りやすくなったり
  • 免疫力が落ちたり
  • お肌があれたり

まぁ簡単に言うと、身体を冷やすと血行が悪くなるってことですね。たぶん。

なのでその逆に身体を温めて血行を良くするだけで

  • 太りにくくなったり
  • 免疫力が上がって病気になりにくくなったり
  • お肌がキレイになったり
  • 優しい気持ちになったり

するわけですね。

足首がポイントだった

これにはびっくりですが。

足先が冷えるのを感じたときは、足首を温めることを意識するといいみたいです。
ちょうど私が優しい気持ちを実感し始めたのも足首にまで貼るお灸を貼り始めた頃からでした。

レッグウォーマーって理にかなってるんですね。
さすが昔の人の知恵。

単純に私が貼り始めたときは足首に冷えを感じたというよりは、足首の可動域に異変を感じたからなのですが
そっちのほうも良くなっています。

よーしピリピリしている人を見つけたら足首を温めてあげよう!

一緒に住んでいる家族なんかがピリピリモードだったりすると色々と面倒ですもんね。
そんなときは貼るお灸を足首にペタっと貼ってモコモコ靴下で包んであげましょう。

きっとピリピリモードの人は、「なんだよ!」となるでしょうけど。

私が使っているFX自動売買ソフトWAVE

安定した増え方と設定不要な簡単スタートでオススメです。



→詳しくはコチラから←

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。