自分にUberEats禁止令を出してみたら…

やってみた

出前館からUberEatsに変えた途端、利用頻度が増えたのですよ。
だって出前館と違って最低金額の設定がないんだもの。

なので、いつもやっている、1ヶ月チャレンジ。
今月の課題は、

UberEats呼ぶの禁止

ということにしていました。

今回の1ヶ月チャレンジはいつもに比べたら余裕すぎるのではないだろうか。とさえ思っていたのです。

なぜなら、

  • 元々夏バテであまり食欲がない
  • 期間中海外滞在があるのでそもそも使わない

という、とてもクリアしやすい課題だったのです。

最初の頃は順調でした。

コールドプレスジュースなんかは自分で作ったり、
元々冷凍のジュースも注文して冷凍庫にあったので。

しかも自分からご飯を食べようとも思わないくらいの夏バテレベルの日もあったし。

それでね、

痩せました。3キロほど。(最初の15日くらいで)

だって食べたくなっても、自分で作るくらいなら食べなくていいや。
というテンションになるほどにUberEatsに頼りきりの生活で、
その習慣を断つためにも自分に課した禁止令だったんです。

 

敗因はコレだった。

 

海外滞在が終わり、家に着いたその時です。

無意識にUberEatsのアプリを開き、
そして無意識に「よーし日本食だ!」とテンションを上げ
そしてさらに、何も考えず注文を完了していました。

そうです、海外では一切使っていなかった故、禁止令自体を忘れていたのです。

気付いたのは、食べ終わった後でした。
アプリから通知で、「評価をしてください」が来た後でした。

しかも、
海外では夏バテも治り、色々と食べまくっていたので体重も戻っていました。

なんだよ。
自分。

とはいえ、かなりの節約にはなったわ

 

スーパーで買ってきたものを食べるとか。
(生しらす丼は美味しいし安いんだね!)

自分で作ってみるとか。
(やったことは、いつものおつまみ作りとヨーグルトにフルーツくらいのものだけど)

ファスティングしちゃうとか。
(これはコールドプレスジュース代がかかるからそこまで安くはないね)

外食しちゃうとか。
(外に出て人と話すってきっとやめてはいけないことだよね、ネットがどんなに便利になってもさ)

というように、
節約が出来たり少しでも普段なら会わないでwifiの関係で済ましてしまう人と対面で関わったり
色々と、よかったことも経験できました。

1ヶ月はもたなかったけれども。
少し悔いが残るけれども。

これからもUberEatsの頻度には気を付けながら生きていきたいと思います。

ではまた。

→登録するとバイナリー必勝法が届くLINE@もよろしくね←

 

【プロ直伝】初心者でも神勝率なバイナリー手法【無料公開中】
外為オプションでド素人でもプロレベルに持ち上げる!動画解説



限定LINE友だち追加でゲットする!

   

ピックアップ記事

関連記事一覧